昭和51年(1976年)に成田市・東和田にてスタートした日本空手協会・北総支部は、現在、成田市民体育館、桜台センター、印旛中学校体育館、小林道場の各教室にて130名の会員の皆さんが、空手の稽古に励んでいます。


北総支部における稽古の目的は「子供達の健全な成長と大人の皆さんの心身の健康」であり、空手の稽古によりそれぞれが充実した人生を送れることを願っています。


お知らせ

・4/29千葉県空手道連盟・千葉県大会について!

  2020東京Olympicが3年後に行われますが、現在、試合ルールがOlympicに向けて変更を重ねています。これまで「引き分け」の場合、審判員の旗判定で勝敗が決まっていましたが、今後は「先取ルール」(※先にポイントを取った選手が勝ち)が取り入れられる事になりました。この新ルールで行われる千葉県大会が、4月29日(土)千葉県武道館にて行われます。是非、見学して下さい。

 

・5/3JKA千葉県大会について!

日本空手協会は武道空手として、試合は「一本勝負」ルールを取り入れています。護身の為、また武術としての空手を目指し、Olympicルールとは違う試合を行っています。 5月3日(水)船橋アリーナにて行われるこの大会に出場する選手を応援して下さい。

 

・5/13『Kuroobi world』による撮影について!

 空手映画「黒帯」や「ハイキックガール」などの制作会社『Kuroobi world』の西冬彦監督が、白井教室に撮影に来られます。昨年のJKA熟錬者大会でのoyama指導員の動きを見て、映像化したいとの事でした。教室の稽古風景も撮影されますので、当日は多くの方に参加して頂きたいと思います。

○日時:5月13日(土)9時~12時 

○場所:桜台センター

 

・5/27マスターズ選考会について!

 「生涯武道」を目指す人は、その生涯を終えるまで常に"成長を続ける"人の事だと思います。成長すべきは子供達だけでなく、大人もまた成長していかなければならないのだと思います。空手は人としての成長の為に、研鑽を続けなければならないのです。今年もシニア世代が挑戦するマスターズ全国&関東大会の千葉県選考会が、5月27日(土)に行われます。多くの方に挑戦して貰いたいと思います。

 

《萩原先生のワンポイントアドバイス》

 どんなスポーツでも上手い人の動きを真似ることは有効な上達法のひとつらしい。全ての動きを映像にして取り込もうとすると、取り出したときに映像がぼやけてしまう。まずはパーツに分けて取り込んでみると良い。手の捌き、足の運び等そこだけに意識を集中して映像を取り込む。見る、真似るという稽古である。 以 上